【非正規の帰省】親の介護費用が高い!介護負担を減らす方法

Last updated: 9月 25, 2020 at 11:52 am

実家への帰省が新幹線で2時間かかるので、親に万が一何かあってもすぐに駆け付けられない状況です。
派遣の非正規で働いていると、収入が少ないので親の介護をできるか心配。安易に仕事を休むと契約を打ち切られる可能性もあり困惑している。

あなたはこのような悩みを抱えているのではないでしょうか?

派遣の非正規で働いていると、

  • お金がないので親の介護をしたくない
  • 帰省の費用がかかるので面倒臭い
  • 仕事は簡単に休めない

と感じて、親の介護から現実逃避をしているのではないでしょうか。

本当は親のそばにいてあげたいと感じているあなたは現実逃避で何もできていない自分に苛立っていると思います。

私は派遣で働いていましたが、現在は輸入物販をして自分で安定した収入を作る事で時間と場所を選ばずに安定的に生計を立てています。

派遣で働いているときは、父親が病気で倒れた時に何もしてあげられませんでした。「お金がない。休めない。」という状態でした。

親に「お金がない。休めない。」なんて、本当のことを言えませんでした。

結局他の兄弟に任せて父親は回復しましたが、

  • あの時もっと力になれたら・・
  • 大変な時こそそばにいるべき・・

次第に、派遣の非正規で働いていることは将来的にリスクだと感じました。

そんな派遣で非正規だった私がやっていた、親の介護がいつ何時あっても、場所と時間と費用を気にすることがなく、サポートできる働き方についてお伝えします。

もし、

  • 帰省の費用を気にせずに介護したい
  • 度重なる欠勤を気にすることがなく働きたい

と悩んでいたらこの記事を最後まで読んでみてください。

出勤日数や帰省費用を気にしなくても、安定した収入を構築し、時間と場所を選ぶことがなく働き方を実現できる方法について知ることができます。

そして、親の介護に対して現実逃避している状況から抜け出せるはずです。

派遣の非正規が抱える親の介護問題を解決する方法は時間と場所を選ばずに安定収入を得ること

親の介護から現実逃避をしている理由

親の介護から現実逃避をしている理由は下記の通りです。

仕事を休んでしまうと、契約が終了するかもしれない

派遣の契約期間は3カ月が一般的で、仕事を休んでしまうと、更新がなく契約が終了してしまう可能性があります。
どんどん若い派遣社員が入ってきたら、よく休む派遣社員より毎日しっかり出勤する派遣社員の方が契約を更新したいと思いますよね。

「あなたは仕事より親が大事なの?そんな気持ちなら仕事にこなくて結構」

と言われるケースもあるようです。

私も出来たら他の人に任せて親の介護はしたくないと思っていました。

介護休暇が使いづらい

介護休暇は要介護状態にある家族のために単発で休みを取得できる制度です。
対象家族1人につき年5日、複数人だと年10日休みを取得できます。
正社員と違って雇用期間に定めがある派遣社員は、「条件」を満たす必要があります。

対象者:雇用期間が6カ月以上の全従業員(正社員をはじめ、パート・アルバイト、派遣社員・契約社員も対象)

  • 同一の派遣会社で雇用期間が1年以上あること
  • 1週間の労働日数が3日以上あること
  • 介護休暇後も雇用継続があること

大企業では介護休暇等が広く制定化されています。
零細企業から中小企業においては会社の規模、社風等で介護休暇の可否、取扱は実際のところ様々です。

決して会社の規模が小さいから介護休暇を認めないということではなく、零細企業では社長の一存で介護休暇が可となる事例もあります。

中小企業でも”社内規則が無いから”の一点張りで介護休暇を一切認めない会社もあります。
制度が使えないと、介護したくても介護休暇が取得できない状況になってしまうのです。

雇用が不安定なので費用の捻出が難しい

派遣は時給で働いていますので、手取りの収入が少ないのが現状です。
そこから、新幹線代、飛行機代などを捻出をするのはとってもつらいですよね。
私は、東京から大阪まで新幹線片道13,000円×2を手取りの収入から捻出+帰省したら、親から雇用が不安定と言われそうですし、帰省したくない。と思ってしまいました。

  • お金がない
  • 帰省してもそれなりのことをしてあげられない

そんな自分がいるので、なるべく帰省したくないと感じるようになってしまう負の連鎖に陥ったのです。

自分が親の介護ができない状況になったとき、自分の無力さをなんとか打破したいと感じました。

こういった、派遣の非正規が抱える親の介護問題は、周りの人に頼ること、さらには時間と場所を選ばずに安定収入を得ることでその悩みから解放されます。

あなたが「親に自信を持って介護できる」人になって、自由な時間で安定的に収入を得て働くことができます。

あなたが親の介護問題から逃げている状態から、帰省の費用を気にすることがなく、自信を持って親の介護ができるあなたになることができます。

派遣の非正規が抱える親の介護問題を解決する方法とは?

職場の人に話す

介護は誰もが直面する可能性があるものであり、自分だけのことではありません。
遅刻や休暇が介護を理由としたものだと上司や同僚が分かっていれば、「お互いさま」という気持ちから協力も得られやすくなります。
逆に、介護を行っていることを言わなければ「最近の彼・彼女は遅刻 が多いなど勤務態度がよくない」とみなされてしまうおそれもあります。
職場に介護を行っていることを伝えるのは、メリットとなるのです。
契約更新のことも気がかりですが、一度職場の人に話してみましょう。

介護休暇を取得する


介護休暇は派遣社員でも使える制度です。
介護休暇は派遣会社の担当者に伝え、有給休暇の取得のように自由に取得できます。一度派遣会社の担当者に聞いてみましょう。使える制度であれば使った方が良いです。


長期的に働ける派遣会社で働く


介護休暇や介護休業、介護給付金など介護に関する支援が多数あります。
そう言った制度が使える派遣会社もあれば使えない派遣会社もあります。
あなたが登録している派遣会社はどこまで制度が使える状態か今一度確認してみましょう。
制度はあるけど、制度は実際には使えるのか?あらかじめ把握しておきましょう。
もし、厳しいようであれば介護制度が使える派遣会社で働く方が良いでしょう。

専門スキルを身につける


あなたにしかない専門スキルがあれば、あなたが急に休んでも他の人に代替できないでしょう。

  • 専門スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 先読みスキルなど
  • おもてなしスキル

派遣先が離したくない!と思われる人材になることができれば、あなたが急な介護で休んでも理解をしてくれるでしょう。

実家に住む・実家の近くに住む


帰省が大変であれば実家に住む、あるいは実家の近くに住むのも方法の一つです。
今あなたがやっている仕事は実家の近くでも同じ条件・同じ賃金で働けるのでしょうか?
もし、条件が同じもしくはそれ以上であれば実家に住む、あるいは実家の近くに住む方が将来的なことを考えて便利でしょう。
今一度今あなたが住んでいる場所の必然性について考えてみましょう。

周りの人に助けてもらう


あなたが、どうしても遠方に住む必要がある場合は、日頃から「家族や要介護者宅の近所の方々等と良好な関係」を築きましょう。
介護はいつ始まるかが分かりません。
そのため、介護に直面した場合にどうするかを、あなたの父母が元気なうちから話し合っておくことが重要です。
あなたの父母は介護のことを話すことは嫌がるかもしれませんが、お正月やお盆など皆で集まる機会を利用して話しましょう。

突然仕事を辞めない


介護をすべて自分で行っていたら、かなりの時間と体力を要します。
介護ばかりに気をとられすぎると、「介護うつの状態」になってしまう可能性も否定できません。
また、働いているのであれば、その時間帯は介護ができなくなります。
突然仕事をやめてしまうと、あなた自身の生活も危うくなってしまいます。
突然仕事をやめずに、仕事と介護を両立させましょう。

ネットビジネスを始める


突然介護があるというのは人ごとではありません。
あなたは親の介護に備える必要があります。
「介護が必要になったらどうしよう」「介護は大変なもの」という意識はあるかもしれませんが、 30歳代の頃から5年後、10 年後の自分の生活と、その時に親の状況がどうであるかのイメー ジを持っていないと、仕事と介護の両立にはつながりません。
介護を自分の人生の一部として位置付け、計画的に見立てを行うことができれば「いつでも介護に駆けつけられる」「介護の専門家に早く支援を求める」「実家をリフォームする」といった準備も進められます。
そこでお勧めしているのがネットビジネスです。
ネットビジネスは、パソコンとインターネットさえあればできるビジネスです。
場所を選ばずに仕事ができますので、突然実家に帰省することがあっても、実家で仕事ができる環境を構築できます。
突然の欠勤や契約を気にすることがなく、自分の働きたい時に働くことができるのが特徴です。
特に輸入物販がオススメです。在庫をもたずに利幅が大きいので安定的に収入を得ることができるからです。
配送業者を使いますので、自分で荷物を梱包することがなく利益を得ることができます。

年齢や生活環境が関係なく、何歳になってもどこでもできるので、突然の親の介護と仕事の両立が可能です。

先日私は大阪に帰省しましたが、今は往復の新幹線等の交通費が苦になりませんでした。
帰省中もインターネットとパソコンを使って実家で仕事をしました。

今はどんな状態でも親に会いに行けるのでネットビジネスでの働き方が気に入っています。

派遣で働いていた時は、

  • 帰省が面倒臭い
  • 介護したくない

と、親の介護から逃れる生活を送っていました。

しかし、今は派遣を辞めて、自分が事業主となって、自分で安定した収入を構築することで、自由に働けて、いつでも帰省できる環境を手に入れました。
今は実家に帰省することがワクワクして仕方ないです。

少しでもこれからの親の介護問題について悩んでいる女性を救いたいと思い、ネットビジネスをして、自分で安定収入を得る方法について無料プレゼント中です。
こちらから今すぐプレゼントを受け取ってください!


派遣で働いていても親の介護問題から目をそらさないで!

あなたは、お金がないから帰省できない。親の介護はしたくない。
と、親の介護問題から目をそらしていませんか?
あなたの働き方次第で、親をもっと大切にできます。
優しいあなたなら、自由な働き方をすると、もっと親から感謝されるでしょう

あなたと家族の将来のためにも親の介護問題にしっかりと備えましょう。

読者限定!0円無料プレゼント!

こちらでは私が非正規で働きながら輸入物販で稼げるようになった秘密をまとめた、『輸入物販で安定的に月収30万円を稼ぎたい”あなた”に見て欲しいマニュアル』をLINEで友達登録してくれた方に無料プレゼントしています。

↑画像をタップしてね!
ネットビジネスの基礎知識、具体的なノウハウ、そして初めてのあなたでも始められる今から10万円獲得できる方法も収録しており、誰でも1から学べて始めることができます。
少しでも興味があれば気軽に登録して下さいね!
その他、副業全般に関する質問・相談も受付中ですm(_ _)m


ブログランキング応援お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です