【派遣の残業代】正当に評価されていない時にやるべきシンプルな方法

Last updated: 9月 19, 2020 at 7:15 am

派遣先の仕事を早く終わらせて定時で上がっても、仕事が遅い同僚は残業をして、残業代をもらっていることに納得できない。自分も本当は残業代が欲しいのに。

あなたはこのような悩みを抱えているのではないでしょうか?

派遣で働いていると

  • 派遣先の社員さんは私が仕事できること分かってくれない・・
  • 私だって残業代がほしい・・
  • 頑張って働いても給料に反映されない・・

と感じて歯がゆい思いをしているのではないでしょうか。

仕事を時間内に終わらせているあなたは、手取りの収入が少ない状況で、同僚には残業代があるという給料の格差は苦痛で仕方のないことだと思います。

私は派遣で働いていましたが、現在は輸入物販をして自分で安定した収入を作ることで残業代や人間関係を気にせず生計を立てています。

派遣で働いているときは、同僚との残業代の格差があることが苦痛で仕方がありませんでした。

  • 上司に気に入られているがために、同僚は残業して、残業代をもらっている・・
  • 自分は同僚より効率よく仕事をしているのに・・
  • 残業代がほしいのに残業ができない・・

次第に効率よく仕事をしているのがなんだが嫌になりました。

そんな残業代格差に悩んでる私がやっていた、派遣の残業代格差から脱却できる方法についてお伝えします。

もし、派遣の残業代格差について悩んでいたらこの記事を最後まで読んでみてください。

派遣で働いていて残業代をつけていないあなたが始められる本当の働き方について知ることができます。

そして残業が少ないがために手取りが少ないことがつらくて仕方のない状況から抜け出せるはずです。

派遣社員の残業代格差を解決するにはしたたかさを持って要領よく仕事をする

派遣社員の残業代格差ができてしまう理由

派遣社員の残業代格差ができてしまう理由は以下の通りです。

正当な評価がされていない

派遣先の担当者が派遣社員一人一人の仕事の密度をしっかりと把握してくれていたらどうでしょう?

派遣社員一人一人を正当に評価してくれていたら、無駄な残業をしている人に対して残業代を支払わないというように対応してくれるでしょう。

あなたが派遣先の社員さんから正当に評価されていないがために残業代格差が生じていると言えます。せっかく仕事を効率的にしているのにそれが分かってもらえていないのです。

また、同僚も同様です。同僚は仕事が忙しいフリをして派遣先の社員さんから、「頑張っているね!」と勘違いをされていることから、派遣先は仕事のできない派遣社員に無駄な残業代を支払っています。

時給で働いているから

派遣は時給で働いているのでどうしても、残業をしたいと思う人が出てきます。あなたも残業代がほしいと思っていますよね。仕事の効率をあげると時間で換算されないのでとても歯がゆいと思います。

残業の頻度について

派遣先における残業の頻度についてデータが出ています。

現在の派遣先における残業の頻度をみると、男は「ほとんど毎日ある」45.8%、「2~3日に1回程度」20.3%、「まったくない」9.8%、「ほぼ1週間に1回程度」8.3%、「1カ月以上に1回程度又はほとんどない」7.0%となっており、ほとんど毎日又は2~3日に1回程度の派遣労働者が66.1%となっています。
 女は「2~3日に1回程度」18.9%、「1カ月以上に1回程度又はほとんどない」17.8%、「まったくない」16.3%、「ほとんど毎日ある」14.9%、「ほぼ1週間に1回程度」13.8%の順となっています。

厚生労働省
残業規定について

労基法等の定める労働条件に関する労働者保護規定の適用について、派遣法は基本的には派遣労働者と雇用関係を結んだ派遣元が責任を負う(労基法等が適用される)ものとしつつ、派遣先の指揮命令のもと働くという実態から、特例規定を設けて派遣先に責任を負わせる事項も定めています。

時間外労働(残業)については、労働基準法37条に割増賃金のルールが定められています。1日8時間、週40時間の法定労働時時間を超える労働には、25%以上の割増賃金が支払われなければなりません。

派遣社員は時給で働いている分残業代はしっかりと出ます。

しかしながら、

  • 社内の空気が残業しにくい雰囲気であったり
  • 自分は早く帰りたいという状況であったり
  • 給料を増やしたいから残業するのが手段と感じていたり

派遣の働き方に対して納得ができないことが多いです。

こういった残業代の格差の歯がゆさについてはあなたが本当の働き方をすることでその悩みから解放されます。

日々同僚が残業代をもらっているのを横目にしている生活から、残業代や人間関係を気にせず仕事ができるあなたになることができます。

同僚には残業代があるという給料の格差があることに苦痛で仕方のない状況から解放されるには?

同僚には残業代があるという給料の格差に苦痛で仕方のない状況から解放されるには、したたかさを持って要領よく仕事をすることが必要です。

したたかさを持って要領よく仕事をすれば残業などを気にせず働くことができます。

まずはしたたかさを持って要領よく仕事をしていきましょう。

派遣元の担当者に時給アップの検討をしてもらう

まずはあなたが感じていることを派遣元の担当者に相談してみましょう。

あなたが時間内に仕事を終えているのに正当に評価されていないこと、同僚は時間内に終わらず残業していることを伝え、「時給アップをお願いしたい。」と相談してみましょう。

あなたがしっかりと時間内に効率良く仕事をしていれば時給アップの検討をしてくれるはずです。

仕事は早く切り上げて副収入を

あなたは収入のための残業は良いけど、本当は効率良く仕事をして、残業をしないで早く帰りたいと思っているはずです。

残業はないものと割り切って、同僚のことも気にせず効率良く仕事を終わらせて早く帰りましょう。

早く帰った分その時間で副収入を作っていきましょう。

仕事以外での副収入は新しい出会いの機会になることや、新たな収入をもたらします。

時給で働く生活から脱却を

時給で働いていれば、時間を切り売りすることになります。

あなたの時給が1400円であったなら、働けば働くほど収入が上がっていきますが、万が一体調不良で休んだ場合、収入が減ってしまいます。

  • 体力は今後も同じように持つと思いますか?
  • ずっと、あなたの時間を切り売りして働き続けられると思いますか?

時給で働く生活から脱却すれば、あなたの時間を切り売りすることがなく働くことができます。

時間に囚われずに働くことで、効率良く働けば働くほど収入が上がっていきます。

そこでお勧めしているのがネットビジネスです。

ネットビジネスはパソコンとインターネットさえあればできるビジネスです。

雇われることがなく、自分のやり方次第で稼ぐことができるビジネスです。

自分の好きな時間に、一人で収入を構築していくことが可能ですので人間関係に悩むことがなく効率良く働くことが可能です。

具体には、在庫を持たない物販がお勧めです。

商品が売れたら利益が最低1万円出るように出品します。予め出品していれば商品が売れて、売れたものを仕入れて、発送して、利益になります。

予め出品していれば、全く労働をしていないのに、1日で10万円の利益が出たりするのです。

派遣では考えられない収入の構築が可能です。

旅行で海外に行っている時も、ちょっと実家に帰省している時も、ネットショップ上でお客様が勝手に購入してくれるので働かなくても収益を得ることが可能です。

派遣社員の時は、

  • 残業代が付けにくい。
  • 残業する機会もあまりない。
  • かといって残業をするのは嫌。

とても歯がゆい生活を送っていました。

しかし、今は派遣を辞めて、自分で収入を構築することで、時間で働くことから解放されました。

嫌だった人間関係も、収入が低くてつらいということも考えず生活ができています。

少しでも派遣の残業で悩んでいる女性を救いたいと思い、ネットビジネスをして、自分で安定収入を得る方法について無料プレゼント中です。

こちらから今すぐプレゼントを受け取ってください!

派遣社員でもあなたの時間を安売りしないで!

あなたは、日々の派遣先での働き方で、自分の時間を安売りしていませんか?

あなたがしたたかになれば、自分の価値を高めることができます。

特にネットビジネスはあなたの時間価値を最大限に高めることができます。

そうすると日々の残業代格差でのつらい状況から抜け出すことができます。

あなたの価値を高めていくためにもまずはうまく時間を活用していきましょう。

読者限定!0円無料プレゼント!

こちらでは私が非正規で働きながら輸入物販で稼げるようになった秘密をまとめた、『輸入物販で安定的に月収30万円を稼ぎたい”あなた”に見て欲しいマニュアル』をLINEで友達登録してくれた方に無料プレゼントしています。

↑画像をタップしてね!
ネットビジネスの基礎知識、具体的なノウハウ、そして初めてのあなたでも始められる今から10万円獲得できる方法も収録しており、誰でも1から学べて始めることができます。
少しでも興味があれば気軽に登録して下さいね!
その他、副業全般に関する質問・相談も受付中ですm(_ _)m


ブログランキング応援お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です