【無料で法律相談】派遣切りのトラブル解決にオススメの相談先とは?

ブログランキング応援お願いします

派遣切りのトラブル解決にオススメの法律相談先とは?

非正規で働いていると、派遣切りと言われているように、突然契約解除ってケースってよく聞くケースです。

  • 例えば、派遣で働いてたら、正社員の新入社員が入ってきたから突然切られた。
  • 産休明けの社員さんがもどってきたら、契約解除になった。
  • 大学で非正規で働いてたら、契約期間が終了と言われて契約終了したにもかかわらず、他の非正規職員は契約更新して何で自分だけ契約終了と思ったというケース。

非正規で働いていると、派遣元のサポートが不十分だったり、自分の仕事の範囲外のものを押し付けられたりして、第三者に相談したいって思ったことはありませんか?

さまざまな法的トラブルを抱えてしまったとき、「だれに相談すればいいの?」「どんな解決方法があるの?」と、わからないことも多いはず。

しかもそれが、法的なことをわかっている弁護士さん、中立的に、自分の置かれている状況をどうにか良い方向に持っていってくれる相談先があったらいいですよね。

今日は、雇用条件が不安で仕方ない時に、無料で弁護士に相談できる国のサポートがありますのでご紹介します。

無料で弁護士に相談できる!法的トラブル解決のための「総合案内所」法テラス

非正規で不当解雇!法的処置をしたいけどどうしたらいいかわからない。っていうケースは多々あると思います。

国によって設立された法律的なトラブルを解決するための総合案内法テラスって知っていましたか?

経済的な理由で弁護士など法律の専門家に相談ができない、近くに専門家がいない、といったいろいろな問題があり、これまでの司法は使い勝手がよいとは言えないものです。

そうした背景の中、刑事・民事を問わず、国民がどこでも法的なトラブルの解決に必要な情報やサービスの提供を受けられるようにしようという構想のもと、作られたのが法テラスです。

収入が一定額以下みたいな条件こそありますが、経済的に余裕がなくて弁護士さんに相談とか依頼とかができない人のための独立行政法人なんです。

弁護士さんに相談しいけど高そうで自分には無縁って思って諦めていたケースってありませんか?

法定ラスは無料で弁護士に相談できる国のサポートなんです。

自分には無縁と思わないで法律は常にあなたの味方になってくれます。

法律を押さえておくと強いあなたに変わることができます。

無料で弁護士に相談!法テラスの仕組み

弁護士さんは世の中にはいっぱいいると思うんですけど、その弁護士さんが法テラスと契約をしているとします。

その法テラスと契約をしている弁護士さんにあなたが依頼や相談とかをした時に費用がかからないと言うお話です。

例えば弁護士さんにお願いした時って普通に着手金だけで20万とか30万とかそれくらいかかるんですけど、法テラスを通して弁護士さんにお願いすると着手金はなしになります。

1つの相談に3回まで無料で法律相談が受けられるんです。

  • 例えば、派遣切りにあったので相談したいと思ったら、その案件について3回まで弁護士さんの相談が無料で受けられます。
  • 別件で、パワハラに悩んでいたら、 別で、その案件について3回まで弁護士さんの相談が無料で受けられます。

法テラスで弁護士さんに直接相談する方法

私は非正規雇用だった頃、法テラスで弁護士さんに相談して裁判をかけたことがあります。

私の経験から法テラスで弁護士さんに直接相談する方法についてお伝えしますね!

法テラスでは電話相談と、メール相談と直接相談があると思います。

なんだかんだいって、直接弁護士さんに会って相談した方が話が早いですし、資料を見せながらできるのでスムーズです。

今回は直接弁護士さんに相談する方法をお伝えしますね。

  • 1.お近くの法テラス(地方事務所一覧)から地域を選択
    https://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/index.html
  • 2.私はこの場合東京を選択します
    https://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/tokyo/index.html
  • 3.相談したい法テラスに電話します。
    この場合、私は新宿が近いので、法テラス東京 0570-078301 に電話してアポイントを取りました。
  • 4.アポイント当日弁護士の先生に30分資料を見せながら相談
     法的観点から回答してもらえるので資料やメモを忘れずに。
     訴状の書き方やどこで訴状を提出できるのか簡易裁判所なのか?など教えてくれます。
  • 5.2回目のアポイントを同じ弁護士の先生で予約
     1案件まで3回まで無料相談できますが、2回目で又1から相談するのも大変なので、同じ弁護士の先生に訴状を下書きしたものを見せて、こうした方がいいですね。などもう一度書き直しす。
  • 6.ブラッシュアップした訴状で裁判に挑むことができる。
  • 7.裁判の内容で再度3回目の相談を受けることができる。

電話で簡単にアポイントが取れるので簡単です。

又、裁判って初めてだったんですけど、こうやってやるんや〜と学びが大きかったです。

まとめ

弁護士さんが一気に身近になったのではないでしょうか?

無料で使える制度なので使ってみてくださいね!

私は初めての弁護士さんへの相談でしたが、とても勉強になりました。

なるほど。そういう切り口で行くんだなぁ。

やまちー
やまちー

そして、弁護士さんに、裁判の相手はこの部分がダメなので、あなたは大丈夫ですよ。といってもらえたので、私は正しかったんだ。と、自分が強くなった気になれました。

  • 裁判をするメリットとしては、裁判にかけて勝った場合、自分が訴状に出した金額が裁判相手から入る。しかし、金額の一部の可能性もある。
  • 逆にデメリットとしては裁判で負けた場合、裁判にかける金額にもよりますが、印紙代が無駄になります。私の場合8千円。

裁判は長期戦になりますが、ダメなことはダメですしそうやって、相手が認識して2度と同じようなことが起こらないようにしてもらうっていうことが大事ですね。

一人ひとりの行動が大事です!

相談して、行動を起こしていきましょう!

読者限定!気軽に相談受付中

私のように、あなたも新しい働き方をしたい場合は、下のLINE@に話しかけてみてください!

私の経験上、ビジネスについては、経験者に聞いた方が手っ取り早くて確実です。

LINEを頂ければ、一時間以内には返信できると思うので、新しい働き方を実現したい人は、私をジャンジャン利用してくださいね!

新しい働き方専門アドバイザーである私だからこそ、 あなたの抱えている悩みの解決策を一緒になって考えます!

本気の方であれば、私も本気で協力致します!新しい働き方を実現できるようにになったら、一緒においしいご飯でも食べにいきましょう^^

私のLINE@は以下からワンタップで登録できます!
友だち追加

ブログランキング応援お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です