【コミック版】失敗ばかりの私が月収30万円稼いで脱ハケンするまでを読む>画像をクリックしてね!

友だち追加

【派遣の仕事内容】契約内容と違う仕事の負担がつらい場合の対処法

Last updated: 8月 5, 2021 at 9:02 am

派遣の仕事の内容が、聞いていた仕事内容と違う。派遣先企業の都合で契約内容にない負荷の高い仕事を引き受けることになったが、そういった仕事はやりたくない。契約と異なるので派遣先を変えるか今の派遣元を辞めたい。

あなたはこのような悩みを抱えているのではないでしょうか?

派遣で働いていると、

  • 契約内容以外の違う仕事の負担がつらい
  • 派遣切りにあいそうで断りづらい
  • 負担が重いので辞めたい

と感じているけど、派遣先に業務内容は契約の範囲外と言えない状況ではないでしょうか。

感じていることを言いにくい性格のあなたは、この先も同じ派遣先で働いて行くことに不安を感じていると思います。

私は派遣で働いていましたが、現在は輸入物販をして自分で安定した収入を作る事で労働契約を気にすることなく、安定的に生計を立てています。

派遣で働いているときは、仕事を受けた時の仕事の内容と、派遣先の要求してくる仕事の内容とが違うことが多々あり派遣先のいいなりで仕事をしていました。

契約内容以外の違う仕事は負担が重くてつらかったです。

  • 派遣切りにあいたくないから派遣先からの契約内容以外でも違う仕事の要求に応えるしか方法はないのか・・
  • 契約内容以外の違う仕事の負担が重いけど言いにくい・・

次第に、契約内容と違う仕事をすることが当たり前になっていました。

そんな派遣の契約内容以外の違う仕事を受けるのがつらい状況だった私がやっていた、契約に対して自分が有利に進める方法についてお伝えします。

もし、

  • 派遣の仕事内容が重荷
  • 契約内容以上の違う仕事をしたくない
  • 仕事内容を断ることで派遣切りにあいたくない

と感じていたら、この記事を最後まで読んでみてください。

派遣先の仕事の要求から解放され、自分が働きたいように働くことができます。

そして、派遣の契約と仕事の内容の相違に悩んでいる状況から抜け出せるはずです。

契約内容以外の違う仕事負担がつらい状況の解決法は契約に対して自分が有利になること

派遣社員の種類について

同じ派遣社員といっても種類があります。

  1. 紹介予定派遣
  2. 常雇型派遣
  3. 登録型派遣

紹介予定派遣

  • 派遣先(紹介先)の会社で正社員となることを前提に派遣され仕事をします。
  • ですから派遣社員としての契約が終わると派遣先で直接雇用となります。
  • しかし、あくまで予定ですので雇用されない場合もあります。
  • 仕事内容は決まっていることが普通です。

常用型派遣

  • 派遣元の会社で正社員として雇われ、仕事は派遣先で行います。
  • 派遣先での仕事がない場合でも、給料等が保障されます。
  • 何らかのスキルを持っていて、それに合う派遣先で仕事をします。
  • 仕事内容は決まっていることが普通です。

登録型派遣

  • 派遣社員といえばこの種類を指します。
  • 派遣会社にスタッフとして登録し派遣先が決まりしだい、そこで働くことで初めて給料がもらえます。もちろん働かなければ給料はもらえません。
  • 契約期間が決まっているので、終わればまた次の派遣先を紹介してもらわなければなりません。
  • また派遣社員の種類の中で一番不安定な立場にあります。
  • 一応仕事内容が決まっているのですが、いろいろな理由で違う仕事をさせられることが多いようです。
  • 極端な話では最初に入った職場から違う職場へ移動させられることもあります。

この2常用型派遣と3登録型派遣が契約内容以外の違う仕事を頼まれることが多いのです。

派遣先から契約内容以外の違う仕事をさせられる理由

派遣先担当者が契約内容を把握していない

労働派遣法で、派遣会社と派遣先企業との間で基本契約書を、派遣社員と派遣会社との間で個別契約書という契約書を結ぶ必要があります。

派遣先の担当者はあなたの仕事の契約内容の把握をしていない可能性があります。

さらには、契約内容以外の違う仕事をさせてはいけないということを認識していない可能性があります。

働き手が一人増えるという感覚で仕事は限定しないという考えであるかもしれません。

しかし、あなたの個別契約書には就業条件を明記する必要があります。

テンプレートはこちらのようになっています。

茨木労働局 個別契約書 テンプレート

契約の業務以外でやらされている業務は、

  • お茶くみ
  • 掃除
  • 接待

など女性ならではの雑務が多く見受けられます。

また、

  • 新しいプロジェクトで責任のある仕事
  • 仕事が暇な時に雑務をさせられている

など多岐に渡ります。

派遣先の担当者も忙しいので契約書の内容まで頭に入っていないことも多いです。

まずは自分の契約内容を派遣会社に確認してみましょう。

契約上仕事を受けるべきなのかどうかを確認しましょう。

派遣はそういうものだという空気感

いくら契約内容以外の違う仕事を頼んではいけないという契約があったとしても、

  • 断ったら分かっているよね?
  • 派遣はそういうものだよね?
  • 代わりはいっぱいいるけど?

というような空気になることがあります。

パートやアルバイトのように、「これをやっといて!」と自社内の人間に頼むのと、外部からきている派遣社員に雑に仕事を振るのでは次元が違います。

  • その為に雇っているから。
  • 派遣だからいいでしょ。

なんていうふうに感じてしまう派遣先企業の担当者がいるのが現状です。

あなたが派遣切りを恐れて断れない

あなたが派遣先企業から契約以外のことを頼まれた時、断りづらい状況があると思います。

それは、あなたが派遣社員として雇われているからです。

私が派遣で働いていたときは、派遣先が発行するメールマガジンの内容を自分で考えながらコラムのように書くという契約内容以外の違う仕事を頼まれたときは困りました。

そんなスキルもないですし、書いた内容に責任を持てないからです。

その時は、受けるしかない状況になりました。断ることもできましたが、お人よしだったので、受けた結果、精神的に大変でした。

派遣先の人から直接言われると、断りづらいです。

契約内容以外の違う仕事をやりたくないと心から思った時でした。

こういった派遣の契約内容以外の違う仕事に悩んでいる解決法は、あなたが契約に対して自分が有利に進める方法を身につけると、その悩みから解放されます。

あなたが、「契約内容以外の違う仕事をしなくて良くなった。」と仕事の責任から解放され、心にゆとりを持つことができます。

あなたが契約内容以外の違う仕事を受けている精神的につらい状況から、自分の意思を持って仕事の選定ができる方法を身につけられるのです。

契約内容以外の違う仕事を受けている精神的につらい状況から解放されるには?

派遣契約の確認をして契約内容以外の違う仕事をしていると派遣元に話す

まずは、派遣元の派遣会社に契約内容以外の違う仕事をしていると相談しましょう。

契約内容と違うので、対処してもらえる可能性があります。

契約内容が曖昧な部分もあるかもしれません。

‘’その他の業務’’などと、契約書が曖昧にされていたらその部分は具体的にはどのような業務ですか?と聞いて文字に起こしてもらいましょう。

もし、面倒臭いと思われたらそこまでの派遣会社です。

あなたに味方になってくれないようなら無理にその派遣会社と契約して行く必要はありません。

ほかの派遣会社に行くことを考えましょう。

この契約内容が違うことで派遣であるあなたが不利にならないように法律で書いてあります。

「労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。」

労働基準法第十五条

何を言っているのかというと、契約内容が違う場合にすぐにやめてもいいと言っています。

しかしこれでは身も蓋もありませんので、最後の最後の手段として覚えておきましょう。

契約内容が違うようでしたら、派遣会社を通じて、派遣先企業にも話してみましょう。

話す先は派遣元の担当者を通じて、派遣先の担当者で、派遣会社と直接やり取りをする人と連絡してもらいましょう。

派遣先としても派遣元と良好な関係を続けたいのですから改善されると思います。

ですからあなたは決して、直接派遣先に言ってはなりません。

大抵の場合は、事態がこじれてしまいます。

しっかりと断る

契約内容以外の違う仕事を頼まれたら、他の派遣社員にも影響するので、引き受けるべきではありません。しっかりと断りましょう。

あなたが契約内容以外の違う仕事を受けると、それが派遣先企業にとって普通になり、他の派遣社員にも断りにくい雰囲気になってしまいます。

契約内容以外の違う仕事はしっかりと断りましょう。

しかし、断りにくい場合も多いと思いますので、契約内容以外の違う仕事をするのをいったん保留しましょう。

そして派遣元の担当者の方に契約内容以外の違う仕事を頼まれたと連絡して、来ていただくようしましょう。

そこから、派遣元の担当者、派遣先の担当者、あなたの3人が揃っている場で契約内容以外の違う仕事について引き受けることはできないと言いましょう。

他の相談先

ところが派遣元が話をしてくれなかったり、派遣先が適切に対応してくれなかったりすることもあるかもしれません。

辞めるのも一つの手段ですが、その前に、社団法人日本人材派遣協会に連絡してみましょう。

あなたの相談に乗ってくれるでしょう。

契約内容以外の違う仕事をさせられた場合の行動

  • 派遣先に直接言ってはならない。
  • 無断欠勤をしてはいけない。

1相談する前にあなたが確認すること

  • 契約内容以外の違う仕事もあるということの説明がなかったか。
  • あなたのできること、できないことを派遣元に伝えていたか。
  • 求人票の確認をしてみる。

2派遣元の担当者に相談する注意点

  • あなたの担当者を決して責めてはいけません。
  • 冷静に話を進めて、感情的にならない。
  • 次にどうしたいかを伝える。
  • 派遣元の担当者を味方にするということです。

派遣での働き方に疑問を持って!

あなたは、

  • 派遣だから嫌な契約内容以外の違う仕事を受けるのはしょうがない。
  • 嫌な仕事を我慢するしかない。

と、働き方を諦めていませんか?

あなたが自分の意思を持って働けば契約に対して強くなることができます。

契約に強くなることであなたの仕事の苦しみは解放されます。

あなたの働き方がより良いものになるために主導権を持って行動していきましょう。

ネットビジネスを始める

あなたが仕事を受けることで精神的につらい状況にあっているのは、派遣として雇われている状態だからです。

もしあなたが、雇われないで自分で仕事をしている状態だったらどうでしょう?

あなたは誰とも労働契約を結ぶ必要がなく、自分で仕事を進めることができます。

ネットビジネスは自分がビジネスオーナーとなって、雇われずに仕事をすることで労働者という縛りから解放され、労働の契約に苦しむことがなくなります。

パソコンとインターネットがあれば自宅で手軽に始められるので、派遣社員をしながら始めることができます。

資金がなくても、経営者として活躍できます。

派遣で働いていた時は、

  • 派遣の契約なんてあってないようなもの
  • 派遣の立場は低い
  • 派遣先の言うことは絶対

と感じていたため、契約内容以外の違う仕事を受けるしか選択はありませんでした。

しかし、今は派遣を辞めて、自分が事業主となることで嫌な仕事を受けることがなく、自分でやりたい仕事を選択しています。

毎日働いている時間が楽しいです。

あなたが、派遣の仕事で苦しんでいる状態から解放されるのです。

このネットビジネスのことをもう少し詳しく説明します。

私のイチオシは無在庫輸入物販

私がお勧めしているのは、Amazonとヤフーショッピングを利用した在庫を持たない輸入物販です。

Amazonとヤフーショッピングは出品自体もとても簡単なので初心者でも始めやすくおすすめです。

あらかじめ商品を登録して、売れたら仕入れる在庫を持たない物販ですので、仕入れリスクもありません。

ツールを使って簡単に出品ができるので副業で始めるにはピッタリですよ!

私はこの稼ぎ方で派遣を辞めることができました。今でも自宅でAmazonとヤフーショッピングの無在庫輸入物販で継続的に安定して収益を得ています。

私が派遣を辞めて自分で稼げるようになった理由

少しでも今の働き方に疑問を持っている女性を救いたいと思い、ネットビジネスをして、雇われずに安定収入を得る方法について無料プレゼント中です。

まとめ

いかがでしたか。

今回は「【派遣の仕事内容】契約内容と違う仕事の負担がつらい場合の対処法」についてご紹介しました。

これにて契約内容と違う仕事の対処法についてお分かりいただけたと思います。

さらにあなたは”無在庫輸入物販”に挑戦してみてください。

是非参考にしてみてくださいね!

今すぐネットビジネスで成功する方法をゲットする

読者限定!0円無料プレゼント!

こちらでは私が非正規で働きながら輸入物販で稼げるようになった秘密をまとめた、『輸入物販で安定的に月収30万円を稼ぎたい”あなた”に見て欲しいマニュアル』をLINEで友達登録してくれた方に無料プレゼントしています。

↑画像をタップしてね!
ネットビジネスの基礎知識、具体的なノウハウ、そして初めてのあなたでも始められる今から10万円獲得できる方法も収録しており、誰でも1から学べて始めることができます。
少しでも興味があれば気軽に登録して下さいね!
その他、副業全般に関する質問・相談も受付中ですm(_ _)m


ブログランキング応援お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です