【質問】コロナで派遣切りが不安です。ネットショップ 運営に興味がありますが、コロナで商品は売れるのでしょうか?

ブログランキング応援お願いします

こんにちは!やまちーです。

先日こんな質問が来ました。

コロナで派遣切りが不安です。ネットショップ 運営に興味がありますが、コロナで商品は売れるのでしょうか?

こちらの質問に答えていきたいと思います!

コロナでネットショップは一層追い風

早速ですが、コロナ渦中は外に出れないのか逆にネットショップは過去最高のアクセス数でしっかりと売れました。

ネットショップは、3密を避けられます。withコロナという今後の状況に合っていますね。

3密(3つの密)とは、密閉、密集、密接ですが、ネットショップは非対面ですので3密がない。コロナの心配は一切ありません。

コロナウィルスで逆にネットショップは追い風になっています

今後のコロナの見解は

新型コロナウイルスは一体、いつ終息するのか?

現役医師が考える国内での終息時期についてまとめた調査結果が発表されました。

医師の人材紹介サービスなどを行う株式会社「医師のとも」は1日から6日にかけて全国1346人の現役医師を対象に「医師が考える新型コロナウイルス感染症の国内での終息時期」についてアンケートを行い、7日にその調査結果を発表しました。

国内での終息時期について、医師の回答は「来年7月以降」が最も多く、33.5%でした。
理由としては「新型インフルエンザのように季節性インフルエンザとなって根付く可能性がある」「経済活動や海外との渡航再開によって、さらなる感染が広がってしまう」などというコメントが寄せられたということです。

一方で、来年7月「以前」の時期に終息するのではという回答は「今年8月から9月」が20%、「今年10月から12月」が16%、「来年4月から6月」が14.9%という結果に。

回答した医師からは「緊急事態宣言終了後もある程度、自粛を心掛けていれば終息可能」「第2波以降の感染増加は今後も起こり、それらが終息するには全世界の流行状況からも最低1年はかかる」など様々な意見が寄せられたということです。


ANNnewsCH

今後国内での終息時期について、医師の回答は「来年7月以降」が最も多く、33.5%。

この見解はどうでしょう?

この見解の意味することは、最悪の状況を考えながら行動するしかありません。

少なくとも今年いっぱいは、コロナを意識しながらの生活になるでしょう。

となると必然的に、実際お店に行って商品を購入するよりかは、オンラインで商品を購入すると言う流れになっていくのです。

コロナだから売れる商品が読みやすい

  • コロナだからとマスク着用を必要以上に煽るマスコミ。
  • コロナの危険性をテレビで必要以上に訴えかけるマスコミ。
  • 手洗いや除菌の必要性。
  • 必要不可欠なリモートワーク。
  • インスタ映えはおうちご飯で工夫をする。

など世の中の流れが一つに方向に向かっているのが分かりますね。

ですので、売れる商品はすごく分かりやすくなっています。

ここでいえば、

ランニングでも使えるマスク。

こういったマスクは、海外では10ドルくらいでしたが、日本で1万円でも全然需要はあり、沢山売ることができました。

マスコミがコロナの危険性を訴えかける度に、除菌ソープも沢山売れました。

リモートワークが必要不可欠になっていますので、パソコン周辺機器も売れます。

インスタ映えは家の中にシフトしましたので、調理家電なども売れます。

このように、コロナで世の中の流れがガラっと変わったことで、消費者の行動もすごく読みやすくなり、売れる商材も選定しやすくなりました。

マスコミが煽れば煽るほど、消費者の行動が読みやすくなります。

普段の情報からトレンドを掴むことが重要

コロナだったり、オリンピックだったり、普段の情報にアンテナを張ってると売上もグングン上がっていきます。

もちろんそれは売り上げだけでなく、必要とされているから購入されるのです。

必要とされているところに、商品を出品し、購入につなげる。

とてもシンプルで、その行動は世の中に貢献しています。

コロナ渦中はやればやるほど結果が出る

特にコロナだからといって、意気消沈して何も行動をしない人を見受けませんか?

マスコミに煽られて、行き先真っ暗。コロナ怖い。

そう言った形で自分の行動まで自制してしまうと、ライバルにあっという間に追い越されてしまいます。

実際に、緊急事態宣言中は出品者の数も減っていました。

減っている中、出品すると勿論売れますよね。

普段より価格を上げても売れます。

ピンチをチャンスに変えて、行動することが大事です。

ネットショップ 運営の未来は希望だらけ

実際に政府の方も、非対面でしたらオンライン化への補助金なども出している現状を見ると、間違いなくネットショップ の未来は明るいです。

また、実際に緊急事態宣言中は、売上が下がるどころか売上が上がりました。

店舗が閉まっていたり、外出自粛をせざるを得なかったので、ネットショップ に購入が集中したんです。

コロナで今後私たちがすべきこととは?

派遣切りはとても不安だと思います。

コロナで非正規雇用の方は、真っ先に契約終了の対象となってしまいます。

もし派遣切りにあったとしても、大丈夫なように、1年先、2年先、3年先の未来を見ながら行動していきたいですね!

読者限定!気軽に相談受付中

私のように、あなたも新しい働き方をしたい場合は、下のLINE@に話しかけてみてください!

私の経験上、ビジネスについては、経験者に聞いた方が手っ取り早くて確実です。

LINEを頂ければ、一時間以内には返信できると思うので、新しい働き方を実現したい人は、私をジャンジャン利用してくださいね!

新しい働き方専門アドバイザーである私だからこそ、 あなたの抱えている悩みの解決策を一緒になって考えます!

本気の方であれば、私も本気で協力致します!新しい働き方を実現できるようにになったら、一緒においしいご飯でも食べにいきましょう^^

私のLINE@は以下からワンタップで登録できます!
友だち追加

ブログランキング応援お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です