【派遣の転職】派遣を辞めたい!転職活動がうまくいかない時の対処法

Last updated: 9月 26, 2020 at 12:14 pm

派遣を辞めたいので転職活動を開始した。いつまでも転職がスムーズにできると思っていたけれど採用されない。年齢が障害になるなんて唖然とした。35歳になって、気づくのが遅すぎた。

あなたはこのような悩みを抱えているのではないでしょうか?

30代から転職活動を開始すると、

  • 不安定な雇用から抜け出せない・・
  • 転職活動がなかなかうまくいかない・・
  • 早く転職活動をしておけばよかった・・

と、時既に遅し・・という状況になっていませんか。

30代での転職の厳しさを突きつけられたあなたは、とにかく何処かに安定した働き先が欲しいと感じていると思います。

私は派遣で働いていましたが、現在は輸入物販をして自分で安定した収入を構築して生計を立てています。

  • 派遣で働いているときは契約終了後は収入の保証がないがために、毎日が不安で仕方がありませんでした。
  • また人間関係もあまり良くなかったので派遣を早く辞めたい・・と思っていました。

そこで転職活動を開始しましたが、うまく行きませんでした。

その時に、私の年齢も30代に突入しており「若い方が有利なんだ!」と初めて気付きました。

そんな30代派遣社員の私が悩んでいた時にやっていた、30代派遣社員の転職活動でうまくいかない時の対処法についてお伝えします。

もし、

  • 派遣からの転職活動がうまくいかない
  • 年齢がネックになっている

と悩んでいたらこの記事を最後まで読んでみてください。

30代の今からでも転職活動をスムーズにし、今の収入以上の安定した収入を得られる方法について知ることができます。

そして、30代派遣からの転職活動に不安を感じている状況から抜け出せるはずです。

30代派遣社員の転職活動がうまくいかない時の対処法は自分が経営者になる

30代派遣社員の転職がうまくいかない理由

職務経歴書での経歴表記がうまく書けない

転職活動する場合、職務経歴書を提出を求められます。

派遣で働いている経歴は、「どの派遣会社に登録し」「どこに派遣され」「いつからいつまで働いていたのか」という点をわかりやすく記載することが必要になってきます。

doda

又、離職期間が3カ月以上になると、採用する側は慎重になります。仮に、企業の採用担当者が応募のあった職務経歴書だけをみて、現職が派遣社員でその経歴が記載されている派遣Aさんと、現在は無職で離職期間が3カ月以上ある無職Bさんを比較した場合、書類選考段階では、Aさんのほうが有利になります。

  • なぜ、正社員ではなく派遣社員で働いているか?
  • (離職期間があれば)なぜ、離職をしていたのか?

採用側を納得させる正当な理由づけが必要になってきます。

  • あなたは、採用担当者を説得できるような内容で職務経歴書を書いているでしょうか?
  • 是非採用したい!という内容でしょうか?

お見合い相手の第一印象が大事なように、履歴書や職務経歴書は転職活動をするにあたり、非常に大事になってきます。

まずは第一印象を良くする必要があります。

即戦力になるような経験がない

応募先企業から、

  • 是非明日からきてください!
  • ちょうど人が居なくてあなたなら明日からでもお願いしたい!

という人材だったらどうでしょう?

中途採用は基本的に即戦力や会社の活性剤になる人を採用するために行っています。

しかし、派遣女子社員が30代半ばで転職しようにも今すぐ来てください!

となるのはなかなかレアケースだと思います。

なぜなら、転職理由が

  • 収入を安定させたい
  • 今の職場から逃げたい

というネガティブな理由だからです。

もし、

  • 自分の知識を御社でも生かせる
  • 長年培ってきた専門スキルです

と言われたらどうでしょう?

明日から来てください!

となりますよね。

あなたには企業が欲しい!と思うような魅力がありますか?

企業は若い人材が欲しい

中途採用の方針は、「35歳未満」では約95%の企業が採用に積極的である一方、年齢層が 高くなるにつれ採用の積極性は弱まり、「35歳以上45歳未満」では「良い人材であれば採用 したい」が最多になる一方、45歳以上では「あまり採用は考えていない」が最多となっている。

厚生労働省

今後の雇用政策の実施に向けた現状分析に関する調査研究事業

現実的に35歳以上になるとよほどの魅力がない限り、採用されるというのは厳しいでしょう。

これから年齢が上がるにつれどんどん採用の確率は低くなっていきます。

私が30代で転職活動してみて現実を突きつけられたようですごくショックでした。

  • 自分はまだ大丈夫
  • 人材不足だし

と思っていたのです。

しかし、現実は違いました。

  • 自信を持てる経歴がない
  • 即戦力なるようなスキルがない
  • 若くない

企業が欲しいと思える人材では到底ありません。

転職しようと思った時に転職ができないつらい状況になったのです。

こういった30代派遣社員の転職でうまくいかない時の解決法はあなたがまずは行動を起こすことでその悩みから解放されます。

あなたが派遣社員で働いているがために、転職活動がうまくいかない状態から、転職活動をスムーズにし、今よりも年収アップしたあなたになることができます。

30代の今からでも転職活動をスムーズにし、今の収入以上の安定した収入を得られる方法は?

職務経歴書を研究してしっかりとかく

転職活動がうまくいかない場合、職務経歴書の書き方を学んでみましょう。

ハローワークでは職務経歴書の書き方を無料で教えてくれます。

参考:東京都ハローワーク

友達や家族に、客観的に履歴書や職務経歴書を見てもらうことも良いでしょう。

あなたここ書いた方がいいんじゃない?

自分が気にかけていなかった箇所も、違った観点から見てもらえるので自分だけでは気づかない事も書くことができます。

  • あなたの魅力は何か?
  • 実はもっと魅力があるのでは?

今一度自分の魅力や特技など紙に書き出してみましょう。

ITスキルを身につける

ハローワークの職業訓練などでITスキルを身に付けられます。

IT業界が中途業界で需要があります。IT業界に精通するようなスキルを身に付けると、年齢を重ねても採用してくれる企業が多いです。

中途採用をしている業界

自分が経営者になる

30代女性ですとこれから、結婚・子育て等を考えると転職というより、自分が経営者となって働く方が、今のあなたにとって働きやすい環境で働くことができます。

そこでオススメするのがネットビジネスです。

職務経歴書を用意する必要も、スキルを身につける必要もありません。

ネットビジネスは、パソコンとインターネットさえあればできるビジネスです。

自分が経営者となり、年齢を気にすることなく生涯にわたってできるビジネスです。

仕事の合間を見つけて、つらい転職採用試験を受けることがなく、今すぐ始められるのが特徴です。

自分で場所と時間を選ばずに安定的に収入を得ることが可能です。

具体的には、在庫を持たない輸入物販がお勧めです。

在庫を持つ必要がなく利益を得られます。

現在よりも年収を上げることができますし、安定的に働くことができます。

スキルも必要なく派遣でコツコツ働いてきたあなたなら無理なく始めることができます。

派遣で働いていた時は、

  • 一人暮らしで家賃を払っていかないと・・
  • 将来の為の貯金をしていかないと・・
  • 不安定な収入だと生きていけない・・
  • 転職しなくては・・

と、転職することしか選択肢がありませんでした。

しかし、今は派遣を辞めて自分が事業主となって、自分で安定した収入を構築することで、転職する必要がなく自分が経営者となって生活しています。

誰に雇われるわけでなく、自分で事業をやっているので安心して働き続けられます。

少しでも派遣で働いていて、転職活動がつらいと感じている女性を救いたいと思い、ネットビジネスをして自分で安定収入を得る方法について無料プレゼント中です。

こちらから今すぐプレゼントを受け取ってください!

派遣で働いていても転職に前向きになって!

あなたは、派遣だから採用されないのは仕方がない。自分にスキルがないから転職できないと、転職をあきらめていませんか?

あなたの転職は今すぐ実現できます。

自分の魅力を最大限に発揮すること、ネットビジネスで自分が経営者になって働くとさらにあなたの収入はアップします。

年齢は増えていくばかりです。

気づいた時に行動していきましょう。

読者限定!0円無料プレゼント!

こちらでは私が非正規で働きながら輸入物販で稼げるようになった秘密をまとめた、『輸入物販で安定的に月収30万円を稼ぎたい”あなた”に見て欲しいマニュアル』をLINEで友達登録してくれた方に無料プレゼントしています。

↑画像をタップしてね!
ネットビジネスの基礎知識、具体的なノウハウ、そして初めてのあなたでも始められる今から10万円獲得できる方法も収録しており、誰でも1から学べて始めることができます。
少しでも興味があれば気軽に登録して下さいね!
その他、副業全般に関する質問・相談も受付中ですm(_ _)m


ブログランキング応援お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です