【派遣を今すぐ辞めたい】正社員と派遣社員の差別がつらい時の対処法

Last updated: 9月 20, 2020 at 23:06 pm

正社員が威圧的で派遣社員への明らかな差別がある。差別に耐えきれないので今すぐ辞めたい。

あなたはこのような悩みを抱えているのではないでしょうか?

派遣で働いていると、

  • 正社員から派遣社員への明らかな差別がある
  • 正社員のリーダーからの嫌がらせがある
  • 派遣先の嫌がらせには納得がいかないけど、派遣元から「我慢して」と言われる

そんなことが日常茶飯事で、派遣をすぐ辞めたくて仕方がないと思っていませんか?

早く派遣を辞めたいあなたは、

  • 派遣の辞め方をどうしよう・・
  • 派遣の辞める理由をどうしよう・・
  • このまますぐに辞めてもいいのか・・

次第に早く派遣を辞めたくて仕方がない思いをしていると思います。

私は派遣で働いていた時に派遣差別を受けとてもつらい思いをしました。

今は、派遣差別など関係なく、雇われていない働き方をすることで穏やかな心で毎日を過ごしています。

そんな派遣差別に悩んでいた私がやっていた、正社員と派遣社員の差別がつらい時の対処法についてお伝えします。

あなたがもし、

  • 派遣を早く辞めたいけど、効率よく辞めたい
  • 正社員からの派遣差別がつらくて仕方がない
  • 派遣の辞め方を知りたい

と悩んでいたらこの記事を最後まで読んでみてください。

派遣を辞める前にベストな状態で辞めて、正社員からの派遣差別に悩むことがなく働けます。

そして、すぐに派遣を辞めて、正社員からの威圧的な差別から解放されるはずです。

正社員と派遣社員の差別がつらい時の対処法は、今すぐ派遣をやめよう。しかし辞める前に準備を忘れずに。

派遣社員が正社員から差別にあってしまう理由

派遣社員が正社員から差別にあってしまう理由は以下の通りです。

仲間意識が差別をもたらす

正社員と派遣の比率で言うと派遣の人数が圧倒的に少ない場合、例えば正社員20人、派遣が2人だったとしましょう。

みにくいアヒルの子を想像してみてください。

ひよこの中で、白鳥の子がいじめられるというお話です。

20人中2人、自分たちとは違う人種の人が入っていたとします。

当然目立ちます。

「自分たち大多数(20人)と違う人は仲間ではない」と言う構図が出来上がってしまい、いじめを引き起こすと言われています。

  • 日本人の中にいる外国人
  • 痩せている人の中にいる太っている人
  • 肌が白い人の中にいる肌が黒い人
  • 健康的な人の中にいる病弱な人
  • 正社員の中にいる派遣社員

上記のように人間の根本にある仲間意識が差別を引き起こすのです。

これは、人間が生まれ持った性質ですので不可抗力といえます。

弱い者いじめが差別をもたらす

あなたは正社員が威圧的で差別がつらいと感じているでしょう。

「弱い者イジメ」は人間の行動原理です。

弱いものをみんなで攻撃することで自分を優位に立つことができ、快楽を得られます。

この場合、

  • 正社員は派遣社員よりも給料が高い。
  • 正社員は派遣社員よりも雇用が安定している。
  • 正社員は派遣社員に指示を出している。

と言うことから、弱い派遣社員に対して差別をしてしまうのです。

自分に何かしらの原因がある

いじめられる方にも原因があると言う言葉の通り、あなたに何か原因があるかも知れません。

  • 時間通りに出勤できているか
  • ちゃんと挨拶はできているか
  • 仕事はきちんとできているか
  • ゴマスリはできているか
  • 身だしなみは綺麗か

あなたに今一度原因がないかを確認してみましょう。

私はなぜ自分が派遣差別に遭ってしまうのだろうと考えた時、その解決法が分からなかったので行動ができませんでした。

こういった正社員から派遣社員への差別に苦しんでいる時には、その対処法を知っているだけでその悩みから解放されます。

「派遣社員でも」精神的苦痛を感じることがなく働けます。

あなたが正社員からの派遣差別に苦しんでいる状態から、差別に困ることがないあなたになることができます。

正社員からの派遣差別に苦しんでいる状態から解放される方法とは?

派遣社員が多い職場で働く

差別に遭わないためには、仲間意識からの疎外を回避すれば差別から解放されます。

仲間が増えれば目立つことが少なくなります。 なるべく派遣社員が多い職場で働くと差別も緩和されるでしよう。

自分の行動を見直してみる

あなたは、最低限の社会人としての行動はできていますか?

マナーや身だしなみなどもう一度できているか確認をして、足りないところがあるようでしたらそこを正していきましょう。

特に派遣への差別を助長している正社員にゴマスリをすると、正社員からの差別は格段に少なくなります。

  • まずは自分自身の生活を見直すこと。
  • 正社員へのゴマスリをして自分の身を守っていきましょう。

嫌な派遣先は今すぐ辞めよう。しかし、あなたがいつ辞めても良いように準備をしよう

派遣は契約期間内でもすぐに辞められるか?

基本的に契約期間であっても、

民法第628条

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

やむを得ない状況であれば、辞めることができます。

この場合、「正社員から派遣社員に対する差別があって、苦痛で仕方がない。」

と言う理由を派遣元に話すと良いです。

やむを得ない理由であるため、派遣元が派遣先に調整して契約期間内でも辞めさせてもらえる可能性が非常に高いです。

精神的苦痛から解放されるために、やむを得ない理由を使って辞めましょう。

しかし、すぐに辞めるとあなたは生活に困ってしまうので、他の収入の準備をしておくことが必要です。

他の収入を作る方法とは?

複数の派遣会社に登録する

複数の派遣会社に登録して新しい派遣先を探しましょう。

今登録している派遣元とは別の派遣先の仕事を探すことで仕事の案件も増えていきます。

正社員になる

正社員になって転職することも方法の一つです。

思い切って派遣という働き方から脱却すると、気持ちも楽になります。

ネットビジネスをする

ネットビジネスはパソコンとインターネットを使って自分で収入を得るビジネです。

ネットビジネスは特に、誰からも雇われることがないので嫌な人間関係から解放されますのでお勧めです。

誰からも差別されることもなく、一人で働くことができます。

具体的には、在庫を持たない物販がおすすめです。

黙々と正社員からの威圧的な態度に苦しめられてきたあなたは、なるべく人間関係に悩みたくはないというのが本音でしょう。

在庫を持たない物販は、在庫リスクもなく、商品が売れたら仕入れて利益を得ます。

今あなたが持っているスキルで収益を得ることができて、集客も不要です。

巨大なプラットフォームで出品するのでお客様から絶大な信頼があります。

誰にも指図されず、自分自身が社長となって働くことができます。

派遣で働いていた時は、

  • 派遣と正社員との差別
  • 正社員の威圧的な態度
  • 辞めたいけど辞める方法がわからない

そんな状況が苦しくて仕方がありませんでした。

しかし、今は派遣を辞めて自分自身が社長となって、収入を得ることができています。

派遣を辞めることで正社員からの差別に解放されました。

自分自身で収入を得ることで人間関係に悩むことがなく、楽しく仕事をしています。

少しでも正社員からの差別に悩んでいる女性を救いたいと思い、ネットビジネスをして、自分で安定収入を得る方法について無料プレゼント中です。

こちらから今すぐプレゼントを受け取ってください!

正社員からの派遣差別にもう苦しまないで!

あなたは、自分は派遣だから正社員が威圧的な態度をとるのはしょうがない。

辞めたいけど辞める術が見つからないと諦めていませんか?

あなたはもう正社員からの態度に悩む必要はありません。

正社員からの派遣差別から解放されると、日々充実した毎日を送ることができます。

あなたの未来のためにも、まずは一歩を踏み出しましょう。

読者限定!0円無料プレゼント!

こちらでは私が非正規で働きながら輸入物販で稼げるようになった秘密をまとめた、『輸入物販で安定的に月収30万円を稼ぎたい”あなた”に見て欲しいマニュアル』をLINEで友達登録してくれた方に無料プレゼントしています。

↑画像をタップしてね!
ネットビジネスの基礎知識、具体的なノウハウ、そして初めてのあなたでも始められる今から10万円獲得できる方法も収録しており、誰でも1から学べて始めることができます。
少しでも興味があれば気軽に登録して下さいね!
その他、副業全般に関する質問・相談も受付中ですm(_ _)m


ブログランキング応援お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です